鰯ならぬ、鯵サンド

昨日ブログで書きました。
鰯サンドをつくろうかと思ったら、
魚屋に鰯がなかった!

鯵で代用。

鯵はフライにして、
パンはカリッとトースト。
話のとおり、バターをしっかり塗り
シソをちりばめ。


こちら、
e0365838_14311580.jpg

子供たちも、パクパク食べました。


私的には、
これは、もうちょいソースがほしい。
タルタルなんかでパンチがほしい。

鯵だからか?


パンは黒糖強めの甘めの食パン(ホームベーカリー)
このサンドにはぴったりでした。



うーん、やっぱり、
ちゃんと鰯でリベンジ。


夏バテ食欲減退なんて
暇なし。
今年の夏は痩せませんから!



[PR]
# by hyoutandousatojir | 2017-07-28 14:28 | レシピ | Comments(0)

ウナギ、イワシ

土用丑の日、ウナギを食べて夏バテ防止。


なんて、いつの時代から
言われて来たのかわかりませんが。

そのようにすり込まれて来た私は、
夏の暑さに負けそうな時に、
ウナギに頼りたくなるわけです。


ただ、国産のウナギは高い。
年々高くなる。

でも、すごく美味しいんですよね。

あんな、ウナギが何故か美味しい。
そして、確かなスタミナ感。

あの長い身体を
ニョロニョロさせた動きをする
エネルギーがある魚だから、
栄養があるのかなあ。



ウナギはもちろん養殖なんですが、
卵の孵化はできないそうです。

だから、天然の稚魚をとってからの
養殖。
明らかにウナギ、減りますよね。

そりゃ年々、高くなるはず。


今年は近所の居酒屋さんで
美味しいウナギの白焼きを食べれました。
e0365838_16514681.jpg


美味しい自然派ワインと共に。
この上ないしあわせ。





広島で美味しい魚のうちのひとつ、
イワシ、小イワシ。

瀬戸内海の魚は全国では
あまり知られていないけれど、
うちの義母は
瀬戸内海の魚が一番美味いと断言しています。


小ぶりで品のある味。

だそうです。


e0365838_17000113.jpg

こちらは、また同じときに食べた居酒屋さんの鰯。



尊敬する
辰巳琢郎さんの連載をまた読みました。
広島から空輸される小イワシの
小イワシ丼(数量限定)は芸術的な一品だと。

魚屋や魚売り場で
小イワシが安く買える広島。
これ、かなり贅沢なお得なことなのね。

じつは鰯は
全国津々浦々に産地があるらしく、

福島の鰯サンドが美味しいとか。


バターとシソがアクセントらしい!?

おいそうです。
明日作ってみます!




[PR]
# by hyoutandousatojir | 2017-07-27 16:41 | Comments(0)

この時期のやること

ブログ更新が久々になってしまいました。

梅雨入りと梅雨明けがよくわからない
降るときゃ大雨のおかしな梅雨です。


6月といえば、梅仕事。

梅酒
梅ジュース
梅干し。

が、必須(自分の中で)なんですが、

梅干しのシソがネックでして、、

赤シソ入れるとか
タイミングとか、
赤くなるとか。

しまいには、漬けたシソが好きではないから
使いこなせない。


カラカラにして、ゆかりにするのもな、、


と、、

で、昨年から、


あ、シソなくてもいいかも。


と、シソ手順を全部省いて
梅干ししてみたら、

自分の理想的な梅干しが出来た次第です。


よかったよかった。
e0365838_21050510.jpg



今年も梅を漬けてます。

梅雨明けの土用干しを待ってはいるが、

もう、明けてるんじゃないか?
夏になってるんじゃないか?


干すべき?


またまた
梅仕事は迷わせますね。

自然に合わせて事をすすめるとは、
こういうこと。なんですよね。



さて、さて、
よくわからない。迷わせるといえば、

田んぼ。

e0365838_22045335.jpg

育ってます。大丈夫🙆


ただ、

水の管理に迷うのは迷うのです。


梅雨が明けないうちに、
溝引きだの中干しがあるみたい。



溝引きは、
中干しに備え、水が引きやすいように
田んぼの中に溝をひくこと。

中干しとは、
イネの風遠しや、茎を強くするため、
水を抜くこと。



溝引きはあまりしてる田んぼは見たことないし、田んぼに行ったり来たり溝をひくとか、
とても大変なので、しないでなんとかならないかな。

うちの田んぼは水はけ良すぎるくらい良いから、
しなくていいよね?



中干しは
どこもしてる気がする。
この時期、巷の田んぼに水がなくなるよね。




と、悩んで
いつもの、ミタニのおじちゃんに聞いたら、

『はー中干しは、せんでえーよ』

らしい。



そうなん??

なんで??


またまたよくわからないままに。


稲は育つのでした。





[PR]
# by hyoutandousatojir | 2017-07-16 21:36 | Comments(0)



野生動物の肉(ジビエ)いいよね。
という話。


何がいいのかというと、

食べるために育てられた動物の肉は
早く大きく育つように
飼料に手が加えられている可能性が懸念されますが、

野生の動物は
自然の中で生きてきたので
自然のものを食べて育っている。

まず、その安心感。



それと野生動物は

肉にエネルギーがある!

気がします。



野菜でも、生命力を感じる
葉が上にのび、
根が太い

生きるぞー!のエネルギーを感じる
野菜は美味しいです。



肉も同じで
生きるぞー!のエネルギー溢れる
野生動物の肉。

が、美味しくて旨味があって
元気になる活力になるはず。




ちょっとびっくりした話がありました。

辰巳芳子さんのスープの卒業生だけが
参加できる『スープを味わう会』

という会があります。

都内の一ツ星レストランで開催され。

辰巳さんの指導によりシェフが
スープ2種と、
前菜、主菜、デザートが
でます。


で、主菜が
和牛ではなく、
『オージービーフ』だったのです。
e0365838_22120675.jpg


で、シェフの解説

『僕は、大自然のなかで
自由にのひのびと
牧草を食べて育ったオージービーフが大好きです。
和牛はなかなか500g食べれませんが、
オージービーフならペロリです。』



びっくり。


外国産の肉は
日本は輸入規制が緩いので
絶対怪しいと思っていたけど!

大自然のなかで
自由にのびのびと!?
牧草を?!


それ、ジビエと近いじゃん!



ただ、おそらく、
オージービーフ全てがそうではないはず。

シェフはしっかり選んでいるのかも。。





オージービーフ掘り下げて調べてみなくては、、

で、やはり
普通に手に入るオージービーフはほぼ100パーホルモン剤使用。

ただ、
オーガニックなオージービーフを販売してる日本の業者はあります。




まあ、でも
わざわざオージーでなくても

とりあえず
日本のジビエ食べればいいかな。
鹿の繁殖は駆除しても間に合わないスピード。
田や畑の被害のため、駆除は続いています。

それを食べよう。

これが生命の循環な気がします。



以前、ブログにかいた
ふぁーむbuffoさんの鶏や、

飼料を公開してる養鶏や
養豚なんかも安全面は
いいかなと

思った次第です。

食べて気持ちいい。それが美味しい。




広島でジビエを買うなら
.comm ドットコミュ http://www.ukarehito.com/

安心美味しい玉子と鶏 ふぁーむbuffo
http://buffo.oasa.jp/


オーガニックオージービーフを買うなら
鎌倉ハム村井商会
http://www.kamakuraham.co.jp/index.html



[PR]
# by hyoutandousatojir | 2017-06-19 22:11 | Comments(0)

田植え終わった話

日曜に瓢箪堂のガラス展が終わりました。
ガラス展は毎回お客様が多く、賑やか。
e0365838_08225058.jpg

e0365838_08230289.jpg
e0365838_08231558.jpg
赤ちゃん来たり、
ワンチャン来たり、
e0365838_08233911.jpg
フランス人来たり、
e0365838_08240027.jpg

若い作家さんが作品持って来てワイワイしたり
e0365838_08245661.jpg


カフェも忙しかったです。
e0365838_08371004.jpg
e0365838_08372049.jpg
e0365838_08373029.jpg
カフェメニューも色々かわりました。



そんな中、

合間で田植え。

e0365838_08255271.jpg

例によって、指導者のミタニのおじさんが
機械入れてやってくれました。

広い田んぼはこんな風にキレイに苗が並び


e0365838_08273898.jpg

狭い方はだいぶ
田植え直しが必要。


e0365838_08281357.jpg

ズボズボと入って植える。


左の腰の入りが様になってる方は
さすがベテランの
お隣のおばちゃんです。

お手伝いいただきました。


田植え直し、朝の時間で終わったのにもかかわらず。


なんだか、プールでひと泳ぎしたかのような
疲労感。


翌日の晩に
台風かのような暴風雨。

苗がぶっ飛んでないか心配でしたが、
大丈夫でした。

よかったっっ


[PR]
# by hyoutandousatojir | 2017-06-07 08:11 | Comments(0)